FC2ブログ

定性情報の適正株価算出モデルへの落とし込みについて

私は個別銘柄のファンダメンタルズ分析を行う際、独自の適正株価算出モデルを用いてその銘柄の割安度をチェックしています。

定量情報に関しては決算短信の数字をパラメータとして当てはめるだけなので算出自体は簡単なのですが、定性情報はそうはいきません。個人的には定性情報次第で最大3倍程度の適正株価の差が生まれると考えているため、ここを以下に数値化しモデルに落とし込むか、というのが自分の中での一つの課題になっています。

しかしながら、改めて考えてみると定性情報をいかに数値化するか、というのは非常に難しい問題だと思い知らされます。なぜ難しく感じるかというと、定性情報の評価基準というのは絶えず変化を続けるものであるという考えが根底にあるからです。極端なことを言えば、ある特定の定性情報に対する市場の評価がたった1日で半分、もしくは倍になってもおかしくないということです。そのため、今日通用していた定性分析モデルが明日は通用しないということは頻繁に起こり得るのです。

この定性情報の分析能力(あるいは市場のそれに対する評価基準の変化を捉える能力)が高い人のことを、私は「株のセンスがある」人だと思っています。個人的にはこの能力を高めるには、

①世の中の情勢、トレンドに絶えず目を向ける
②市場を注意深く毎日観察し、株価の動きから市場の評価基準を捉える

ことの両方が大切だと思っています。自分にとってはこの定性情報をいかに扱うかがトレーダーとして成長できる一つのポイントだと思うので、それを身につけるために毎日欠かさずやるべきことをしっかりやっていきたいと思っています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ツイッター
プロフィール

Kyle

Author:Kyle
社会人2年目。大学1年時の大震災後に投資を始めました。

現在は保有期間数週間~数か月のスイングトレードがメイン。市場を最大限尊重し、市場に逆らわないトレードを心がけています。投資家ではなく、投機家でありたいと思っています。

尊敬する投資家:BNF氏、マーク・ダグラス、スティーブ・バーンズ

2013年以前 約+40万  
2014年   +20.9%
2015年   +31.8%
2016年   +104.3%
2017年   +195.9%


(配当含む、税引き後)
----------------------------

免責事項:
本ブログは管理人が自己のトレードを振り返るために運営しているものであり、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。そのため当ブログの記事に基づいて売買を行い、損失が発生したとしても管理人はいかなる責任も負いません。投資はあくまで自己責任で行って頂きますよう、お願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
184位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
92位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
カウンター