100%はないということ

株式投資においては、100%断言できること、というのはほぼ何もないと思っています。

例えば株価の値動きに関しても、もちろん上がる確率が高い状況は存在すると思いますが、100%というのはありえない、これは断言できます。それは、いかにファンダやテクニカルが優れていたとしても、それは上がる可能性があくまで、「高まる」というだけで、「絶対にそうなる」ということは意味しないのです。

株式投資においては、まずこの現実を受け入れることが重要なのかな、とも最近考えています。そういった意味では、株は完璧主義の人よりもある程度適当な人、失敗を受け入れられる人の方が適性があるのかもしれません。不確実性の塊のようなマーケットでは、完璧主義の気質がある人の受けるストレスはおそらく半端ないでしょう。

絶対はないと認識することがなぜ重要なのか。まず、それは迅速な損切りができるようになることに直結します。自分の過ちを認め、リスクを受容することにつながります。柔軟性を手に入れることができます。

松井証券の信用評価損益率が常にマイナスなのを見ても分かるように、多くの投資家、トレーダーは含み損のポジションを塩漬けし、追い込まれてしまうのはこの認識が薄いことが主要因なのではないかと思っています。

「すべてのトレードにリスクがある。なぜなら可能性に賭けているのであり、結果は保証されたものではないからだ。しかしトレードを仕掛けるとき、自分がリスクを取っていると本当に分かっているだろうか。トレードが何の保証もない可能性に賭けているものであると、本当に受け止めているだろうか」  マーク・ダグラス ゾーンより

私自身も、この言葉をもう一度肝に銘じておこうと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ツイッター
プロフィール

kyle

Author:kyle
社会人2年目。大学1年時の大震災後に投資を始めました。2017年1月、資産1000万を達成。労働に縛られない生き方を目指します。

現在は保有期間数週間~数か月のスイングトレードがメイン。市場を最大限尊重し、市場に逆らわないトレードを心がけています。投資家ではなく、投機家でありたいと思っています。

尊敬する投資家:BNF氏、マーク・ダグラス、スティーブ・バーンズ

2013年以前 約+40万  
2014年   +20.9%
2015年   +31.8%
2016年   +104.3%


(配当含む、税引き後)
----------------------------

免責事項:
本ブログは管理人が自己のトレードを振り返るために運営しているものであり、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。そのため当ブログの記事に基づいて売買を行い、損失が発生したとしても管理人はいかなる責任も負いません。投資はあくまで自己責任で行って頂きますよう、お願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1000位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
381位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
カウンター