今週の成績(1月4週)

評価損益20160130

今週の成績ですが、前週末比+4.14%(年初来比-2.0%)となっています。
綿半ホールディングス、ライトオンの上昇が大きく貢献しています。

現在のPF組み入れ上位銘柄は、

1位 薬王堂…株価上昇により保有比率首位に。

2位 オーエムツーネットワーク

3位 ウィルグループ

4位 綿半ホールディングス

5位 ライトオン

となっています。

金曜日に日銀がマイナス金利導入を発表し、日経平均は大幅高となり週明けもこの流れが継続しそうですね。私はマイペースに、小型割安成長株への投資を続けていきたいと思います。
スポンサーサイト

今週の成績(1月3週)

評価損益20160123

今週の成績ですが、前週末比ー1.46%(年初来比-6.2%)となっています。
木曜まではダダ下がりで一時-10%近くまで被弾しましたが、昨日の急反発に助けられた形です。

今週のPF組み入れ上位銘柄は、

1位 オーエムツーネットワーク…さすがに安すぎないですか?(笑)

2位 薬王堂

3位 ウィルグループ

4位 綿半ホールディングス

5位 ライトオン

と、特に変化無しです。

キャッシュが増加しているのは現物で持っていた買いポジを一部信用枠に移管したためです。

これで優待取得の準備が整ったので、2、3月の優待銘柄を物色していこうと思います。。

今週の成績(1月2週)

評価損益20160116

今週の成績ですが、前週末比-3.95%(年初来比-4.7%)となっています。全体相場の下落に伴い、私のポートフォリオもかなり被弾しています。

今週のPF組み入れ上位銘柄は、

1位 オーエムツーネットワーク

2位 薬王堂 …今週買い増し。運よくその後上方修正を発表。他のドラッグストア銘柄と比べて割安感が強く、業績も問題なし。そろそろ優待新設も?

3位 ウィルグループ

4位 ライトオン…機関に空売りされてますが業績は良いので黙ってホールド継続。。

5位 メディカルシステムネットワーク…週次で15%下落。 薬価改定を織り込んでなかったんでしょうか。


売りポジは変わらず、ダブルインバと個別2銘柄です。

ジブリアノマリー?が発動し、週明けはまだまだ下値を探る展開が続きそうですが、さすがに短期的には反発しても良いタイミングだと思います。

そのタイミングで売りポジを若干増やせればいいかなあとなんとなく考えています。

今週の成績(1月1週)

評価損益20160109

今週の成績ですが、年初来比-0.75%となっています。

全体相場は大型を中心に暴落でしたが、私のPFは小型株中心かつ売りポジを建てていたおかげで軽傷で済んでいます。(来週以降は大きく食らいそうな予感がしますが…)

今週のPF組み入れ上位銘柄は、

1位 オーエムツーネットワーク

2位 ウィルグループ

3位 ライトオン…大発会で新規購入。ジーンズカジュアルチェーン大手。昨年末に発表された1Qでは前年同期比で営業益2.8倍、最終益4.2倍となる好決算を発表。金曜に一時高値を更新するなど、軟調な相場の中で値動きは堅調。

4位 綿半ホールディングス

5位 メディカルシステムネットワーク

となっています。

信用ポジは日経ダブルインバ、個別株の空売り2銘柄です。 おおよそ、買い:売り=3:1のポジ率です。

この新年早々の荒れた相場を見ると、もう少し売りポジを増やしてもいいのかなあとぼんやり考えています。

2015年のまとめ(パフォーマンス編)

評価損益20160103

かなり今更感はありますが、2015年のパフォーマンスを改めてまとめておきます。

今年のパフォーマンスは、年初来比+31.8%となりました。

日経平均が+9.07%、TOPIXが+9.93%、JASDAQ平均が+12.0%なので、年初に掲げた、「日経平均、TOPIX、JASDAQ平均の各指数を10%以上上回る」という目標を達成することができました。 今年も引き続き、各指数をアウトパフォームできるよう頑張りたいと思います。

成長点としては

・テクニカル的な要素をトレードに活用することができた。(これが昨年のパフォーマンスを押し上げてくれた最大要因ではないかと。)

・全ての株価の値動きには、どれもそれなりの正当な理由があると考えられるようになった。(表現が難しいですが、例えばそーせいやFFRIの株価水準を考える時、以前ならありえないだろとしか思えませんでしたが、今では納得できます。)

・一昨年に引き続き、割安成長株(実際本当にそうなのかは知りませんが)への投資を1年を通して継続できた。


一方の反省点としては

・銘柄に惚れたため損切りが遅れた(昨年前半に主力だった青山財産が良い例。)

・決算期待で上げている銘柄を決算持越ししてしまった。(今年保有していた銘柄を全て決算前に一旦売却していたら確実にあと5%はパフォーマンスが良かったと思います。ただ、これに関しては成長点の2つ目でも挙げているように全ての値動きには正当性があることも多いので非常に難しい。とりあえず注目度が高まっているような銘柄は一度売っておいた方が無難か。。)

・資金管理の重要性を認識していなかった。(チャイナショックで痛感。「大多数の投資家はリスクを受け入れてトレードしているように見えるが、実際に受け入れているものはほとんどいない。市場は常に何でも起こり得るのである。」というダグラスの言葉が身に沁みます。)

・早売りし過ぎ(一昨年のノジマに続き、昨年はヨシックスが良い例に…)


といった感じですかねー。

今年はこれを踏まえて、少しでも良いパフォーマンスを目指してほどほどに頑張りたいと思います。



ツイッター
プロフィール

kyle

Author:kyle
社会人2年目。大学1年時の大震災後に投資を始めました。2017年1月、資産1000万を達成。労働に縛られない生き方を目指します。

現在は保有期間数週間~数か月のスイングトレードがメイン。市場を最大限尊重し、市場に逆らわないトレードを心がけています。投資家ではなく、投機家でありたいと思っています。

尊敬する投資家:BNF氏、マーク・ダグラス、スティーブ・バーンズ

2013年以前 約+40万  
2014年   +20.9%
2015年   +31.8%
2016年   +104.3%


(配当含む、税引き後)
----------------------------

免責事項:
本ブログは管理人が自己のトレードを振り返るために運営しているものであり、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。そのため当ブログの記事に基づいて売買を行い、損失が発生したとしても管理人はいかなる責任も負いません。投資はあくまで自己責任で行って頂きますよう、お願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
394位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
173位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
カウンター