今週の成績(11月4週)

評価損益20141130

今週のパフォーマンスですが、前週末比+2.76%(年初来比+14.9%)となりました。

アビスト、サンセイランディック、MCJなどの主力が堅調だったことが大きかったです。また、アメイズからは配当と優待、ファーマライズからは優待権利を得ています。

今週も売買ありです。ワッツを購入、ファーマライズを売却しました。ファーマライズは業績が悪化したため割安感が薄れており、優待権利を獲得した後で売ろうと以前から考えていました。

騰落レシオもかなり高い水準にあるので、来週もしっかりと気を引き締めて相場に臨んできます。

そういえば、MCJが世界最小クラスのスティック型PCを発売することが決定したそうです。これがきっかけとなって、圧倒的割安水準が修正されることを期待したいものです。
スポンサーサイト

ワッツを新規購入

今週は小型株にも比較的資金が流れてきている感じですね。

今日は100円ショップ第4位のワッツを購入しました。

購入理由は
・創業以来増収を続けている成長性
・PER11倍と同業他社に比べて割安(キャンドゥ37倍、セリア24倍)
・毎年平均30店ほどの店舗増加による成長戦略
・ローコスト店舗運営体制だからこそできる機敏な出退店
・タイ最大の小売グループであるセントラルとの提携による海外出店増加期待(円安へのヘッジにもなる)
・社長が株価が割安に放置されている現状を認識している

といったところです。
まあ普通に考えれば円安デメリット銘柄なので、しばらくの間株価は軟調かも知れませんが、数年単位という長期で保有したい銘柄だと考えています。


今週の成績(11月3週)

評価損益20141122

今週のパフォーマンスですが、前週末比ー0.17%(年初来比+12.1%)となりました。

ノジマの暴騰がありましたが、サンセイラン、アサンテ、MCJなど持ち株は軟調な銘柄が多くマイナスとなってしまいました。

現在のポートフォリオ組み入れ上位銘柄(保有額10万以上の銘柄のみ抜粋)は

1位 アビスト
2位 サンセイランディック
3位 アメイズ
4位 内外トランスライン
5位 MCJ
6位 アサンテ
7位 ウェッズ

となっています。

今年も残すところ1ヶ月ちょっとですが、なんとか各指数を上回れるよう頑張ります。

ポートフォリオの手直し

今週はGDPショックこそあったものの、その後は比較的堅調に推移しましたね。

この一週間で、年末にむけて多くの売買を行いました。

具体的には

売り→宝印刷、アズミ、ノジマ
買い→アメイズ、アビスト、サンセイラン、MCJ

といった感じです。金額的には買いの方が大きく、CP率は再び低下しています。

年末にかけて今年のNISA使い切りのための資金流入が考えられること、衆議院解散後の株価上昇確率が過去の統計上良いことから少しポジションを増やしました。

また、アビストとアメイズは新規購入ですが、購入理由は以下の通りです。

★アビスト
•3期連続増収増益の成長性
•主要取引先の自動車業界が好調で技術者派遣の増加が期待できる
•3D事業を扱っており、将来的な大化けが期待できる
•成長性に比して割安
•十分な総合利回り
•分割による需給改善期待
•東証一部昇格によるいわゆるTOPIX買いの期待

★アメイズ
•積極的な出店計画とそれに伴う業績向上期待
•インバウンド関連銘柄、円安へのリスクヘッジ
•成長性に比して割安
•分割による受給改善期待

今週のパフォーマンスはまた明日更新します。




ノジマが巨額買収で暴騰

http://www.nojima.co.jp/ir/docs/finance/2014111801.pdf

ノジマが携帯販売第5位のITXを買収です。買収額は500億円前後だそうですが、ノジマの時価総額が約200億ですからとんでもない額ですね。

市場はこの買収を好評価し株価は暴騰しています。

私は800円で指値を入れていたため多少安売りしてしまった感はありますが、まあ悔やんでもしょうがないので良しとします。

今日はこの他、アズミを売却しました。これに伴い、現在のCP率は約40%と増加しています。IPOブックビルディングのためというのが最たる理由ですが、もし市場に暴落があった場合は、積極的に買いも入れていきたいと思います。

今週の成績(11月2週)

評価損益20141115

今週のパフォーマンスですが、前週末比+1.07%(年初来比+12.3%)となっています。タカキタのストップ高、サンセイランディックの上昇が寄与してくれました。

また、今週はタカキタ、ウチヤマを売却、MCJを買い増しと決算を踏まえて多少ポートフォリオに変更を加えています。

これから年末にかけてIPOが続々上場します。最近は相場が好調なこともありなかなか当選しないですが、粘り強く申し込み続けていこうと思います。


☆今週の決算

○サンセイランディック…通期上方修正。売上が伸びていないのが気になるが、営業利益の伸びは文句なし。多くのホルダーが今回の上方修正に関しては織り込み済みだと思われ、短期的には株価は調整する可能性もある。しかし相続税法の改定により受注の増加が見込めるため、来期以降にも期待できる。指標面の割安感もある。ホールド継続。

×ウチヤマHD…月次であまり期待できないことはわかっていたが、それにしても悪いなあという印象。今後リースバックによる特別利益は期待できるが、やはり営業利益の悪化は軽視できないため売却。

ストップ高のタカキタを売却

今日は大幅高となったタカキタをストップ高の363円で売却しました。

何が起こったのかわかりませんでしたが、引け後に落ち着いて確認すると以下のIRが原因のようです。

http://www.takakita-net.co.jp/ir/documents/gijyutsukyodakukeiyaku.pdf

このIRがどれほど業績に影響するのかは分かりませんが、その後株価は下落しているのでとりあえずは売って正解だったようです。

今後も今回のように適切な判断が瞬時にできるように経験を積んで行きたいところです。

今週の成績(11月1週)

評価損益20141108

今週の成績ですが、前週末比+0.58%(年初来比+11.2%)となっています。

今週は謎の暴騰があったコックスが指値にかかり、利益確定となりました。行ってこいで株価が元の水準に戻ってきているため、買い戻しも考えています。今年のNISA枠が約4万残っているため、このコックスかMCJあたりを買って使い切ろうと思います。


今週も決算が多くあったので個人的見解をまとめておきます。

◎立川ブラインド…3Q単独で経常72%増と非常に好調。会社予想に対する進捗も87.8%に。通期の上ブレ濃厚。

○アサンテ…会社予想は下回ったが、月次である程度予測できており想定内。まだまだ株価に割安感があるためホールド。上昇相場から完全に見放されているので、悪材料出尽くしによる上昇をそろそろ期待したい。

○MCJ…1Qのインパクトが大きかったため地味な印象を受けるが、2Q単独でも7%増益。今の水準では圧倒的な割安感がある。

△グロバル社…1Q単独赤字だが、もともと中間で赤字予想なので想定内。にも関わらず株価は下落した。景気敏感株だと思うので、株価が見直されることを期待したい。総合利回りも十分。

今週の成績(10月5週)

評価損益20141101

今週の成績ですが、前週末比+0.53%(年初来比+10.6%)となっています。

日銀砲により相場は爆上げも、内需小型株中心の私の持ち株はほぼ影響なしです。残念ながら、今週は私が株式投資を始めてから最も指数に大負けした週となってしまいました。

まあ、今回の日銀の追加緩和などの外部環境の変化により株価が大きく変動する景気敏感株は、大きく儲けることができると同時にリスクも高いと思っています。

その点、私の持ち株がほとんど無反応だったのは、外部環境にかかわらず長期的に割安さが訂正されるバリュー投資を志向する私としては逆に好ましい事なのかもしれません。(とポジティブに考えるようにします笑)

今週は決算が多くあったので、以下に個人的メモとしてまとめておきます。

○ウェッズ…2Q。会社予想を上回っており順調。売上は前年同期より減少しているが、今の株価位置であれば明らかに割安。

◎イチネンHD…2Q。売上、営業利益とも前年同期比+10%以上と好調。会社予想も超過。増配も発表しているし割安過ぎるのでは…

△ノバレーゼ…3Q単独赤字で見た目の印象は悪い。利益が大きく寄与するのは4Qなのでそれ次第。

○内外トランス…3Q。特損を計上したため利益は前年比マイナスと印象は悪いが、売上はすこぶる順調。来期に期待ができるため、新規購入。

来週の決算予定銘柄 アサンテ、MCJ、立川ブラインド、ノジマ、グロバル社
ツイッター
プロフィール

kyle

Author:kyle
社会人2年目。大学1年時の大震災後に投資を始めました。2017年1月、資産1000万を達成。労働に縛られない生き方を目指します。

現在は保有期間数週間~数か月のスイングトレードがメイン。市場を最大限尊重し、市場に逆らわないトレードを心がけています。投資家ではなく、投機家でありたいと思っています。

尊敬する投資家:BNF氏、マーク・ダグラス、スティーブ・バーンズ

2013年以前 約+40万  
2014年   +20.9%
2015年   +31.8%
2016年   +104.3%


(配当含む、税引き後)
----------------------------

免責事項:
本ブログは管理人が自己のトレードを振り返るために運営しているものであり、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。そのため当ブログの記事に基づいて売買を行い、損失が発生したとしても管理人はいかなる責任も負いません。投資はあくまで自己責任で行って頂きますよう、お願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
125位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
カウンター