パフォーマンス算出方法の変更について

今までは純粋な口座資産増減でパフォーマンスを算出しており、利確をして税徴収されると短期的なパフォーマンスの悪化につながるため、無意識に自分の中に「利確を先延ばしにしたい」という気持ちが生まれてしまっていたと思います。

こんな風に自分の都合をトレードに持ち込むことは最もやってはいけないことの一つだと思っていますので、その心理的悪影響を排除するためにパフォーマンス算出方法を変更します。

具体的には、含み益に関しては実額の80%として扱い、予め利確を考慮した状態にしておきます。また、逆に含み損が発生しており、損失確定時に税徴収還付金が発生すると予想される場合は、それを考慮してパフォーマンスにプラスします。

例: 口座資産100万だったものが含み益50万、口座資産150万になった場合
今まで… 500,000÷1,000,000×100=+50%
今後… (500,000×0.8)÷1,000,000×100=+40%

正確には税額は20.315?%だろ、とか年度途中でパフォーマンス算出方法変えるな!とか色々とご指摘はあると思いますが、まあ人と競っているわけじゃなくあくまでも自己のトレード分析が目的なので勘弁して下さい(笑)

現時点での含み益に関しては、10月1週のパフォーマンス算出時に税徴収引当分を算出し、パフォーマンスからマイナスしておくこととします。

これで心理的悪影響を排除し、ニュートラルな視点で売買することができればなあ、と思っています。

スポンサーサイト
ツイッター
プロフィール

kyle

Author:kyle
社会人2年目。大学1年時の大震災後に投資を始めました。2017年1月、資産1000万を達成。労働に縛られない生き方を目指します。

現在は保有期間数週間~数か月のスイングトレードがメイン。市場を最大限尊重し、市場に逆らわないトレードを心がけています。投資家ではなく、投機家でありたいと思っています。

尊敬する投資家:BNF氏、マーク・ダグラス、スティーブ・バーンズ

2013年以前 約+40万  
2014年   +20.9%
2015年   +31.8%
2016年   +104.3%


(配当含む、税引き後)
----------------------------

免責事項:
本ブログは管理人が自己のトレードを振り返るために運営しているものであり、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。そのため当ブログの記事に基づいて売買を行い、損失が発生したとしても管理人はいかなる責任も負いません。投資はあくまで自己責任で行って頂きますよう、お願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
125位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
カウンター