1月月次パフォーマンス

1月月次パフォーマンス
+17.7%


でした。年明けから良い相場環境が継続した印象で、保有株も多くの銘柄が値上がりしてくれた印象です。

個別では共に月間で40%超の上昇を見せてくれたハナツアーと岡本工作機械がMVP。次いで三光合成、エスプール、タイセイ、オールアバウト、博展などの銘柄も30%近く上昇し、パフォーマンスに大きく貢献してくれました。

一方でシェアテク、クラウドワークス、ヘリオステクノなどは冴えない展開が続きました。これらの銘柄は次月以降の奮闘に期待したいところです。。

全体的に割高感のある銘柄も増えてましたが、一方でまだまだ割安に放置されている銘柄も散見される印象です。市場平均をアウトパフォームしていくというのを基本方針に、警戒しつつも稼げるときにはしっかりと稼いでいずれ来たる下げ相場に向けて貯金を積み上げて行きたい所存です。

スポンサーサイト

2017年度株式投資まとめ

明日が大発会ということで、昨年度の取引を改めてまとめておきたいと思います。まずは昨年の投資の良かった点と課題を羅列してみます。

良かった点
① 一年間を通してルール通り運用できた
② 市場の変化に応じてストラテジーをマイナーチェンジし、ある程度の成果を残すことができた
③ テクニカル分析に対する理解が深まった

課題
① 値動きに心理を揺さぶられてしまった…ここが自分の一番の課題。運用金額が増えてきたこと、レバレッジをかけていることも影響していると思う。レバレッジを控える、または定量的な統計分析を強化することにより心理面の負担は軽減できると思うので、今年はそれを意識していきたい。

② 定量面での分析能力の強化…色々な投資家さんとやり取りさせてもらう中で、自分はここがあまり強くないと感じることが多い。他の市場参加者が見ていない数字を丹念に見ていくことで着実にエッジを得られる部分も多いと思うので、今年はこの点も強化していきたい。


次に、1年の売買を月次パフォーマンスと共に振り返ってみます。

1月 +20.4%
2月 +14.9%
3月 +16.6%
4月 -0.8%
5月 +31.3%
6月 +25.3%

7月 +11.3%
8月 +20.8%
9月 +23.6%
10月 +3.5%
11月 +4.1%
12月 +24.9%


今年は暴落がほぼ無かった印象ですが、個人的には4月と10月に持ち株が売り込まれる局面があり、一時は約20%程度のドローダウンに見舞われました。特に10月は全体市場が好調だったこと、複数の銘柄で決算被弾も重なったこともあり昨年では心理的には一番きつかった局面だったと思います。一方で市場が堅調な時期には市場平均以上にしっかりと稼ぐ、ということが一年を通してしっかりとできたのは収穫だったと思います。10月、11月の日経平均主導相場時にはほぼ乗ることができませんでしたが、保有株と日経平均が全く連動しないということは以前からよくありましたし、トータルのパフォーマンスで見れば他の月で補完できていたのかなと思います。

2017年度パフォーマンス

20171229.png

2017年度パフォーマンス +195.9% でした。(12月月次パフォーマンス +24.9%)

昨年同様最終週に持ち株が上昇してくれ、YH付近で今年を締めくくることができました。今年は市場環境が非常に良好なもので暴落もほぼありませんでしたが、その中でもしっかりと継続的に結果を残し続けられたのは自分にとって大きな自信になりました。

また、今年は専業投資家の方や同じ20代の投資家と実際にお会いして投資に向き合う姿勢や価値観など自分自身すごく刺激を受けました。

ツイッターを通じては様々なスタイルや売買手法の投資家の方ともやり取りをさせてもらいました。その中で自分一人でやっていては身に付けることが難しい視点や考えを数多く学ばせていただいていると思います。これは私が投資を始めた当初から感じていることですが、ツイッターやブログで投資の情報を発信してくれる方がいなければ今の自分のスタイルは出来上がらなかったと思っています。本当に感謝です。

いつか自分が投資家としてもっと成熟し大きな資産を築いたとき、今度は自分が投資、トレードに本気で取り組もうとしている若者に情報を発信していけるようになりたいなあなんて考えています。笑

今年は地合もあり良い形で締めくくれましたが、この状況が続くとは考えにくく来年は厳しい相場環境になることも予測されます。そんな中でも一日一日相場に真摯に向き合うことを忘れず、やるべきことをしっかりとやっていきたいと思います。

11月月次パフォーマンス

11月月次パフォーマンス
+4.1%(年初来比+171.0%)

でした。一時は決算被弾と地合いの悪化が重なり-20%超のドローダウンがありましたが、4週目に保有株が全面高してくれプラスで終えることができました。

今月はかなり思うことがあり中旬以降戦略をマイナーチェンジしたのですが、来月以降も引き続き試行錯誤していくことになりそうです。指数は引き続き強いですが、個別は何でもかんでも上がるという状況では無くなっている気がするので気を引き締めていきたいところですね。。

ラスト一カ月、良い形で今年を締めくくりたいところです。

9月月次パフォーマンス

9月月次パフォーマンス
+23.6%
(年初来比+163.4%)

でした。先週までは一進一退の状況でしたが、最終週に大きく持ち株が上昇してくれました。今月は爆発的に上昇した銘柄は無く、バランス良く持ち株が上昇してくれた印象です。その中でも昭和真空、イソライト、IDEC、クロスプラスなどの銘柄が20%程度上昇し、PFを牽引してくれました。

今年もあと3カ月、そろそろ暴落がありそうな予感もしますが、0.1%でも良いパフォーマンスを残すことを目標に最善を尽くしていきたいところです。
ツイッター
プロフィール

kyle

Author:kyle
社会人2年目。大学1年時の大震災後に投資を始めました。2017年1月、資産1000万を達成。労働に縛られない生き方を目指します。

現在は保有期間数週間~数か月のスイングトレードがメイン。市場を最大限尊重し、市場に逆らわないトレードを心がけています。投資家ではなく、投機家でありたいと思っています。

尊敬する投資家:BNF氏、マーク・ダグラス、スティーブ・バーンズ

2013年以前 約+40万  
2014年   +20.9%
2015年   +31.8%
2016年   +104.3%
2017年   +195.9%


(配当含む、税引き後)
----------------------------

免責事項:
本ブログは管理人が自己のトレードを振り返るために運営しているものであり、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。そのため当ブログの記事に基づいて売買を行い、損失が発生したとしても管理人はいかなる責任も負いません。投資はあくまで自己責任で行って頂きますよう、お願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
83位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
カウンター