FC2ブログ

7月月次パフォーマンス

7月月次パフォーマンス
+6.3%(年初来+39.4%)
でした。

最後の2日間でかなり削られる形になりましたが、月間ではなんとかプラスで終えることができました。個別では保有1銘柄が30%程度の上昇を見せてMVP。(他の投資家さんから教えてもらった銘柄なので銘柄名は伏せます。)その他にエフティグループ、UUUMといった銘柄も15%程度上昇しパフォーマンスに貢献してくれました。

一方で、新規で買ったブロードリーフやDMSなどの銘柄は軟調で足を引っ張る展開となりました。こちらは次月以降に期待したいところです。今月は全体として、上に下にとボラがあった割には月間を通してみると比較的ヨコヨコの銘柄が多かったと思います。

次月以降も、少しでも良いパフォーマンスを目指して臨んでいきたいところです。
スポンサーサイト

6月月次パフォーマンス

6月月次パフォーマンス
+6.3%(年初来比+33.1%)
でした。

今月は銘柄の入れ替えをほぼ行わず、先月から保有していた銘柄を引き続きホールドする形となりましたが、銘柄間での騰落差が比較的大きかった印象を受けました。個別では月間で30%以上の上昇を見せたサイオスがMVP。その他にはオロ、Vコマース、CAPも大きく上昇しパフォーマンスに貢献してくれました。一方でトレードワークス、スクロール、バリューデザインなどの銘柄は軟調に推移しました。

下半期も引き続き、全体市場をアウトパフォームすることを目標に相場に臨んでいきたいところです。

5月月次パフォーマンス

5月月次パフォーマンス 
+18.2%(年初来比+26.8%)
でした。

今月は指数を大幅にアウトパフォームすることができ、良い形で終えることができました。個別ではトヨタとの資本提携を発表し短期で急騰したALBERTがMVP。次いでオロ、ヒロセ通商、グリムス、日本和装、JIA、トレンダーズなどの銘柄も上昇しパフォーマンスに貢献してくれました。一方でトレードワークス、レッグスなどの銘柄では含み損を抱えており、こちらは次月以降に期待したいところです。

今月はアルベルトを始めとしてツキがあったことも大きいので、謙虚な姿勢を忘れず、次月以降も少しでも良いパフォーマンスを目指して淡々と相場に臨んでいきたいところです。



4月月次パフォーマンス

4月月次パフォーマンス
-6.3%(年初来比+8.6%でした。)

SOUやハナツアー、アイスタディなどの銘柄が大きく値下がりしたこともあり、マイナスでの着地となりました。今月は先月まで比較的堅調に推移していた銘柄が主に売られ、逆に買われていなかった銘柄に見直し買いが出ていたように思います。機敏に資金を動かしていければ良いのですが、ある程度今の相場では高値買いのリスクは高いと思うので少し躊躇するところではあります。

今まで通り独自のバリュエーション分析をベースに、テクニカルも意識して上手く資金の流れを掴んでいきたいところです。

3月月次パフォーマンス

3月月次パフォーマンス
+1.5%(年初来比+14.9%)


でした。
一時は日経平均が-1000円以上急落するなど、全体相場が軟調だったこともあり厳しい戦いになりましたが、最終週で挽回しなんとかプラスで終えることができました。個別では上場以降非常に力強い値動きを見せたSOUがMVP。次点でエスプール、ハナツアーも大きくPFに貢献してくれました。一方でゲームウィズ、博展、コンテックなどの銘柄は軟調で厳しい展開となりました。

こう見てみると、3月は銘柄による騰落差が非常に大きい月だったと感じ、恐らく投資家個々人によってもかなり体感に差があった月なのではないかと考えます。

ツイッターでほかの投資家の方を見ているとなかなかそうは思えませんが、ここまで3ヵ月トータルで見ればしっかりと各指数をアウトパフォームできていますし、市場環境を考慮しても悪くない結果を出せていると思います。来月以降も引き続き、焦らずにやるべきことをしっかりとやって少しでも良いパフォーマンスを目指していきたいところです。

ツイッター
プロフィール

Kyle

Author:Kyle
社会人2年目。大学1年時の大震災後に投資を始めました。

現在は保有期間数週間~数か月のスイングトレードがメイン。市場を最大限尊重し、市場に逆らわないトレードを心がけています。投資家ではなく、投機家でありたいと思っています。

尊敬する投資家:BNF氏、マーク・ダグラス、スティーブ・バーンズ

2013年以前 約+40万  
2014年   +20.9%
2015年   +31.8%
2016年   +104.3%
2017年   +195.9%


(配当含む、税引き後)
----------------------------

免責事項:
本ブログは管理人が自己のトレードを振り返るために運営しているものであり、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。そのため当ブログの記事に基づいて売買を行い、損失が発生したとしても管理人はいかなる責任も負いません。投資はあくまで自己責任で行って頂きますよう、お願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
116位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
63位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
カウンター