FC2ブログ

1月月次パフォーマンス

1月月次パフォーマンス
+11.5%

でした。年初から相場のリバウンド局面と重なったこともあり、プラスで終えることができました。最終週にサンバイオショックが起きPFも大幅に下落しましたが、乱高下する中で月次プラスをキープすることができたのは収穫だったと思います。

個別で見ると銘柄間の騰落差が激しく、更には先導株から資金が抜けるなど来月以降も難しい相場が続くことが予測されます。2月は前半に決算のピーク期が重なることもあり、引き続きやるべきことをしっかりとやって指数のアウトパフォームを目指していきたい所存です。

スポンサーサイト

2018年度儲かった株、損した株

確定損益ベースでのランキングです。

儲かった株

1位 ALBERT
2位 エスプール
3位 JMC
4位 オロ
5位 HANATOUR
6位 オイラ大地
7位 SOU
8位 グリムス
9位 オーウイル
10位 博展


1位は2位のエスプールに倍近い差をつけてALBERTでした。文句なしで昨年のMVP銘柄だと思います。JMCやオイラ大地など、年間を通して強い上昇を見せた銘柄が上位に入る一方で、HANATOURやオーウイルなどの銘柄は売買タイミングが良かったためにランクインする結果となりました。

損した株

1位 トレードワークス
2位 ライクキッズネクスト
3位 Gamewith
4位 ベネフィットジャパン
5位 コメ兵
6位 and factory
7位 丸文
8位 レントラックス
9位 シンメンテHD
10位 オリジナル設計


こちらは1位と2位僅差でしたが、トレードワークスが今年の最大損失銘柄となりました。自分のスタイル的に損失を出しても仕方ないと思う銘柄もある一方で、改めて考えてみれば損切りが遅れたり安易な売買をしたために損失を被った銘柄もあるため、これを反省材料にして今後の取引に活かしていきたいところです。

2018年度パフォーマンス

2018年度パフォーマンス
+56.8%

でした。

(12月月次パフォーマンス -8.1%)

12月を良い形で締めくくることはできませんでしたが、今年もプラスで取引を終えることができました。個人的にはマザーズが-30%超、TOPIXが-20%近く下落する厳しい外部環境だったことを考慮すれば、全体としては上出来過ぎる結果だったと思います。今年の取引で良かった点と課題を以下にまとめてみます。

良かった点
①厳しい外部環境が続く中でも、自分の芯を持った取引を1年を通して継続できた
②精神的な面で、依然と比べると少しづつ成熟が見られてきた
③市場の外部環境の変化に伴い、手法のマイナーチェンジを試みることができた

課題
①定量分析能力の強化…去年に引き続き、他の投資家さんと話している中で自分が強くないと思う点。新しい知識を取り入れることも意識して、今後着実に強化していきたい。
②詰めの甘さ…自分の性格、気質もあると思うが、どうしても大枠だけ捉えることに重きを置いて細部の詰めが甘くなることが多い。自分の気質と上手く付き合いながら、確実に改善できる点は来年は改善していきたい。


今年はかつてないほど様々な取引スタイルの投資家、トレーダーの方と実際にお会いさせて頂き、勉強になると同時に刺激を受ける機会も多くありました。SNSがなければこの機会は実現しなかったと思うので、本当にツイッターに感謝ですね笑

来年も引き続き下落トレンドの厳しい相場が続くことが予想されますが、改めて気を引き締め直して、今まで以上にメリハリをつけて、少しでも良いパフォーマンスを目指していきたいところです。

11月月次パフォーマンス

11月月次パフォーマンス
+9.6%(年初来比+64.9%)

でした。月序盤~中盤にかけては強弱まちまちだった印象でヨコヨコの展開が続きましたが、後半の2週は多くの銘柄が堅調に推移したためにトータルではプラスで終えることができました。また、先月から本格的に導入しているリスク管理手法が今月に関してはかなりはまってくれたのが今月の一番の収穫かなとも思います。

今年も残り1か月となりましたが、良い形で締めくくれるよう引き続き最善を尽くしていきたいところです。

10月月次パフォーマンス

10月月次パフォーマンス
ー5.63%(年初来比+55.5%)

でした。

2週間前までは冴えない相場環境の中プラスマイナスゼロ近辺で粘っていましたが、先週ポートフォリオの銘柄が総崩れを起こし一時はマイナス15%に迫る下落がありました。そこから最後の二日間で持ち直しましたが、結果的にはマイナスで終了でした。

月を通して見ると、ほとんどの銘柄が下落している印象でしたが、PFの銘柄でも1/4程度は月間ではプラスの値動きとなっており意外な印象を受けました。一方で売られた銘柄は徹底的に売り込まれた印象で、-20~30%程度下落した銘柄も多くありました。

今月は市場環境が非常に悪い印象で、今後も厳しい相場展開が続くことが予想されますが、指数のアウトパフォームを目指して引き続き一日一日の相場に臨んでいきたいところです。


ツイッター
プロフィール

Kyle

Author:Kyle
大学2年時の2012年から投資スタート。

現在は保有期間数週間~数か月のスイングトレードがメイン。市場を最大限尊重し、市場に逆らわないトレードを心がけています。投資家ではなく、投機家でありたいと思っています。

尊敬する投資家:BNF氏、マーク・ダグラス、スティーブ・バーンズ

2013年以前 約+40万  
2014年   +20.9%
2015年   +31.8%
2016年   +104.3%
2017年   +195.9%
2018年   +56.8%


(配当含む、税引き後)
----------------------------

免責事項:
本ブログは管理人が自己のトレードを振り返るために運営しているものであり、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。そのため当ブログの記事に基づいて売買を行い、損失が発生したとしても管理人はいかなる責任も負いません。投資はあくまで自己責任で行って頂きますよう、お願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
76位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
カウンター