FC2ブログ

2月3週パフォーマンス

前週末比ー1.68%(年初来比+0.4%)

でした。週序盤に大きな下落があり、その後はリバがあったもの週次ではマイナスとなりました。新興市場ではここ数週間で数10%下げている銘柄も散見されるようになってきましたが、外部要因が不透明なだけになかなか買いにくいところでもありますね。

引き続きボラティリティの高い不安定な相場が続きそうですが、引き続きやるべきことをしっかりとやっていきたいところです。
スポンサーサイト



2月2週パフォーマンス

前週末比+0.07%(年初来比+2.1%)

でした。木曜日までは比較的堅調な展開が続きましたが、金曜日に急落する銘柄が多くあり週次ではほぼヨコヨコで終了となりました。

コロナウイルスの国内での感染が本格化するなど引き続き不安定な相場が続きそうですが、やるべきことはしっかりとやって相場に臨んでいきたいところです。

2月1週パフォーマンス

前週末比+4.51%(年初来比+2.0%)

でした。今週は先週の急落局面からのリバウンドがあり保有株も多くの銘柄が反発する形となりましたが、それでも小型株は大型株に比べると反発が弱いものも目立った印象でした。

決算開示の件数もピークを迎えつつあるので、しっかりと確認を続けていきたいところです。

1月月次パフォーマンス

1月月次パフォーマンス
-2.5%

でした。上旬から中旬にかけてはボラティリティが少ないながらも比較的堅調な展開が続きましたが、下旬にコロナウイルスの感染拡大を契機とした下げがあり、最終週にマイナスに転じる結果となりました。個別でも月間で-10%程度下落する銘柄が多く、全体的に軟調な推移をする銘柄が目立ちました。

対指数ではマザーズ指数こそアウトパフォームしたものの、TOPIX、JASDAQ指数と同程度の結果で悪くはなかったものの良くもなかった月だったと思います。

次月以降も不安定な相場が続きそうですが、引き続き少しでも良いパフォーマンスを目指してやるべきことをしっかりやっていきたいところです。

1月4週パフォーマンス

前週末比-5.06%(年初来比-2.5%)

でした。コロナウイルスの感染拡大不安を契機として市場が大きく変動し、保有株も多数の銘柄が下落する結果となりました。1月も終わりということで、月次パフォーマンスについては後程記事にしたいと思います。

ツイッター
プロフィール

Kyle

Author:Kyle
大学2年時の2012年から投資スタート。

現在は保有期間数週間~数か月のスイングトレードがメイン。市場を最大限尊重し、市場に逆らわないトレードを心がけています。投資家ではなく、投機家でありたいと思っています。

尊敬する投資家:BNF氏、マーク・ダグラス、スティーブ・バーンズ

2013年以前 約+40万  
2014年   +20.9%
2015年   +31.8%
2016年   +104.3%
2017年   +195.9%
2018年   +56.8%
2019年   +127.9%

(配当含む、税引き後)
----------------------------

免責事項:
本ブログは管理人が自己のトレードを振り返るために運営しているものであり、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。そのため当ブログの記事に基づいて売買を行い、損失が発生したとしても管理人はいかなる責任も負いません。投資はあくまで自己責任で行って頂きますよう、お願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
669位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
295位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
カウンター